スーパーのカキフライはあたる確率が高い!?

牡蠣フライを食べる時に知っておきたい事とは?

すーぱーのカキフライ

 

牡蠣マン

 

牡蠣が美味しいシーズンになると、タイミングを逃さないようについ食べ過ぎてしまうときもありますよね。

 

そんな牡蠣ですが、注意したいのはあたる可能性があるということです。

 

スーパーで手軽に買えるカキフライにも抵抗を感じる方がいるようですね。

 

では早速ですが、牡蠣にあたる理由について見ていきましょう。


 

スーパーで買う総菜や牡蠣について

牡蠣サプリ

 

牡蠣は旬の季節がありますが、スーパーに行くと一年中牡蠣を販売していますよね。

 

総菜コーナーのカキフライ、魚売り場のパック入りの加熱用・生食用牡蠣など。これらの牡蠣って安全性がちょっと気になりませんか?ではまずはカキフライから見てみましょう。

 

牡蠣はノロウイルスの起因となりますが、加熱処理をすれば死滅します。そのため総菜コーナーで販売しているカキフライで、ノロウイルスになる確率はとても低いといえるでしょう。また食品を管理する場所では、調理に携わる人の健康管理や衛生管理も行き届いています。

 

しかし、食べる人の体調が悪い場合は、スーパーのカキフライで下痢や腹痛を起こす可能性もありますので、食べる時は十分に注意するか、もしくは手作りのカキフライにすると安心です。

 

次に加熱用、生食用の牡蠣ですが生食用といっても完全に信頼することはできない為、用心してフライや鍋など加熱調理したほうがいいですね。

 

あたる人とあたらない人の違い

牡蠣でおなかを壊す

 

牡蠣は一緒に食べた人でも、あたる人とあたらない人がいます。それは血液型による差なのかもしれません。

 

ノロウイルスにはいくつか種類があり、その中のある型は、A型には感染しやすく、B型には感染しないという統計も出ています。またO型の人には感染しないノロウイルスの型もあるなど、血液型とノロウイルスには興味深い関係があるようです。

 

あと牡蠣で心配なのは、ノロウイルスのほかにも有毒プランクトンや大腸菌、腸炎ビブリオ菌などの細菌がいることです。牡蠣を食べてあたると原因菌の種類によって異なりますが、早い場合は食後30分〜4時間ほどで体に症状が表れます。

 

口内が焼けるように熱くなる、動悸、けいれんなどです。ノロウイルスの場合は、突然の吐き気や激しい下痢が主な症状となります。

 

牡蠣であたらない為のポイント

牡蠣であたらないために

 

牡蠣であたらない為には、新鮮なものを選ぶことが一番ですね。旬の時期を見分けてそれ以外のシーズンはなるべく食べない、もしくは必ず加熱して食べるなど注意をしましょう。

 

また体調が悪い時は免疫機能が衰えているため、胃腸の働きも弱くなっています。生牡蠣などリスクが高くなるものは必ず体調が良い時に食べましょう。

 

ノロウイルスは冬に活動が活発になりますので、この間はとくに生牡蠣を避けて加熱調理を心がけてくださいね。

食べるのが危険なオフシーズンでも牡蠣の成分は摂りたい!
そんなときは⇒牡蠣マンの牡蠣サプリ比較ランキング!