生牡蠣であたらない方法は?

牡蠣で当たるのが怖い・・・。回避方法を牡蠣マンが解説します。

生牡蠣で食あたりにならない方法

 

牡蠣マン

 

旬の生牡蠣は絶品ですが、なかにはあたりそうで怖いと思っている方も多いですよね。

 

食べたいけど抵抗がある牡蠣。

 

では食べ方に注意すればあたるリスクを減らすことができるのか?これ気になりますよね。

 

そこで早速ですが、牡蠣にあたらないように注意すべきポイントを見ていきたいと思います。


 

体調が悪い時は避ける

牡蠣マン

 

体調が悪い時や疲労がたまっている場合は、胃腸機能も衰えている可能性がありますので、胃酸の分泌が少なく牡蠣を食べた時にあたりやすくなってしまいます。

 

ノロウイルスによる食中毒になってしまった場合は、下痢やおう吐、腹痛などの辛い症状がおこります。

 

発熱もする為、はじめは風邪をひいたと勘違いする人もいるのですが、ノロウイルスは感染力がとても強いウイルスなので、感染者と一緒に生活する方は十分に注意が必要です。

 

牡蠣を食べた時は数日間は体調の変化に敏感になりましょう。

 

万が一、具合が悪くなった場合は医療機関ですぐに診察を受けること、そして感染経路を明確にして二次感染の拡大を予防しないといけません。


 

加熱して食べる

牡蠣マン

 

やはり安全に牡蠣を食べたいなら"加熱"が一番ですね。

 

牡蠣を食べる際に一番注意したいのが「ノロウイルス」です。

 

このウイルスは二枚貝に起因しますが、牡蠣の場合、身をまるごと食べる為あたるリスクが高くなってしまうのです。

 

ノロウイルスは中心温度を85度以上で1分間以上過熱すると死滅しますので、安心して牡蠣を食べるには加熱調理する方法が一番オススメというわけです。

 

牡蠣はあたる人とあたらない人がいるといわれていますが、実は子供の時にほとんどの人はノロウイルスに感染したことがあるといわれ、大人になるとウイルスに対する免疫が出来上がっているそうですよ。

 

牡蠣はスーパーで加熱用と生食用として販売されていますよね。

 

生食用が絶対に安全とは言い切れない為、なるべく生食用でも加熱することをオススメします。

 

ちなみに牡蠣マンは鮮度の高い生食用の牡蠣を生で食べていたのですが、ノロウイルスを食らいました。それ以来牡蠣は加熱しないと食べないようにしています。


 

牡蠣の栄養素を上手く摂取するには?

牡蠣マン

 

牡蠣は一年中スーパーでもレストランでも食べることができますが、旬の時期があることは皆さんご存知ですよね。

 

牡蠣はマガキやイワガキなどの異なる種類があり、海水の温度が異なる北半球と南半球では旬の時期が異なります。

 

基本的にはマガキは11月〜4月、イワガキは7月〜9月が旬といわれています。

 

この旬の季節の意味ですが、牡蠣の産卵期と関係しているため、栄養価や味などが一番良い旬を狙うことが牡蠣を楽しむには良いといわれています。

 

また大変栄養価の高い牡蠣はできれば毎日食べたいもの。

 

しかし旬の季節、過熱をしないといけないなどちょっと手間や不安もありますよね。

 

そんな時は牡蠣のエキスを配合したサプリを活用すれば、毎日安定した栄養補給ができますよ。


 

毎日欠かさず牡蠣の成分は摂取したい!
そんなときは⇒牡蠣マンの牡蠣サプリ比較ランキング!