牡蠣はお酒・二日酔いに効果的?二日酔い防止に繋がるのか?

牡蠣と二日酔いの関係とは?牡蠣マンが解説します。

牡蠣とお酒と二日酔い

 

牡蠣マン

 

飲みすぎた翌日の二日酔いは一日では治らない時もありますよね。

 

でも付き合いでどうしてもお酒を飲まないといけない時、どうやったら二日酔いの予防はできるのでしょうか。

 

そこで今注目されているのが牡蠣の成分です。

 

二日酔いとはどんな関係があるのか、早速見ていきましょう。


 

そもそも二日酔いの原因とは?

牡蠣マン

 

二日酔いは誰でも一度は経験があると思います。飲みすぎた翌日の吐き気、頭痛など不快な症状は困りますよね。

 

二日酔いになる仕組みは、お酒が体内に入り肝臓で分解されるときにアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質が発生します。

 

大量にお酒を飲んだ場合はアセトアルデヒドの分解が間に合わず、体に現れる症状が"二日酔い"という訳ですね。

 

またアルコール成分は脱水症状を招く原因にもなります。体内の血液中の水分量が減り、消化器官にめぐる血液量が減少してしまいます。

 

こうなってしまうと胃腸機能が低下し、吐き気などの不快な症状を起こしやすくなるのです。

 

二日酔いの度合いはその日の体調も影響しますので、疲労がたまっている人や毎日お酒を飲む方は注意が必要ですね。


 

二日酔いを予防する方法と注意点とは?

牡蠣マン

 

二日酔いを予防するために一番大切なのは、自分の飲める量を把握しておくことです。

 

またアルコールの分解を行う肝臓の働きを休ませるためにも、休肝日を設けることも大切です。

 

お酒を飲む時は胃腸の負担を減らす為、なるべく空腹状態を避けましょう。

 

またおつまみとして油っぽいものを多く食べると、やはり肝臓機能の負担になりますので二日酔いになりやすくなるのです。

 

お酒を飲んでいる間はついつい楽しくて油断してしまいますよね。

 

しかし、二日酔いにならない為には、お酒以外に水やお茶などを交互に混ぜて肝臓の負担を減らしながら飲むとよいでしょう。

 

またアルコール度数が少ないお酒を選ぶなど、決して無理をせずに飲むことを心がけてくださいね。


 

牡蠣で二日酔いが予防できる??

牡蠣マン

 

二日酔いの防止に牡蠣がとても有効であることをあまり知らない方も多いと思います。

 

なぜ牡蠣が効果があるかといいますと、成分のタウリンが肝臓の働きをサポートしてくれる為なのです。

 

タウリンはアルコール分解する肝臓の働きを活性化させるので、飲みすぎた時にとても活躍します。

 

とくに毎日飲み続ける人はすでに肝臓が弱っている可能性がありますので、牡蠣を食べて肝機能を活性化することが大切です。

 

牡蠣にはミネラルやアミノ酸もバランスよく配合されていますので、疲労回復にも繋がり、二日酔いでだるさが残る時にも改善効果が期待できますよ。

 

しかし、牡蠣は毎日食べる食材ではありません。

 

牡蠣のエキスを効率的に摂取するには牡蠣サプリを活用するといいですよ。