牡蠣で冷え性は改善するのか?食べる時の注意点

牡蠣と冷え性の関係とは?牡蠣が冷え性に良いと言われている理由

牡蠣で冷え性改善

 

牡蠣マン

 

牡蠣の意外な効果のひとつが冷え性の改善です。

 

女性に多い冷え性は冬だけでなく、夏のエアコンのきいた部屋の中などとても辛いですよね。

 

冷え性は婦人系の病気の要因にもなりますので、日頃から注意をしないといけません。

 

では牡蠣と冷え性改善の効果について詳しくご紹介したいと思います。


 

そもそも冷え性の原因とは?

牡蠣マン

 

冷え性は手足の先端が冷える症状を始め、ひどくなると便秘や生理不順など女性にとって、非常に深刻な病気を招く原因にもなっています。

 

冷え性は血液の流れが悪いことが原因ですが、最近では生活習慣の変化により低体温の人が急増しているともいわれています。

 

肌を出すファッションや冷たい食べ物、エアコンがきいた部屋の中など、体を冷やしてしまう環境はあちこちにあります。

 

また冷え性の人は同時に貧血であることも多く、血液が不足しやすい状況もそろっているのです。

 

貧血は鉄分不足が原因といわれていますが、不規則な食生活をしているとバランスが偏り、血液の質も悪くなってしまうため注意が必要です。


 

牡蠣が冷え性改善によい理由

牡蠣マン

 

牡蠣が冷え性によい理由は鉄分を多く含んでいる為です。

 

また牡蠣には血液を生成する際に必要な銅も含まれているため、非常にバランスよく血液の巡りを改善することができます。

 

さらに牡蠣には造血ビタミンと呼ばれるビタミンB1、B2、B12、そして葉酸も含まれていますので、女性の貧血にはとても改善効果が高い食べ物です。

 

牡蠣に含まれている「銅」ですが、血液のヘモグロビンを生成する酵素を活性化する働きがあります。

 

食べ物で鉄分を含むものは多く存在しますが、同時に銅が摂取できる牡蠣はとても貴重な存在です。

 

ちなみに銅は1日目安摂取量が3r程度といわれていますので、過剰摂取しないように牡蠣の食べ過ぎには注意しましょう。


 

冷え性改善にオススメの牡蠣の食べ方

牡蠣マン

 

牡蠣は栄養価が高い食べ物で、男性、女性それぞれにメリットがあります。

 

冷え性を改善する目的で牡蠣を食べるには、冷たい生ガキよりも温めて食べた方が体温を上げる効果につながります。

 

鍋物やフライなど加熱した状態の牡蠣を食べるよう意識してみましょう。

 

また冷え性は日頃から体を冷やさないように工夫をして、夏でもエアコンのなかでは洋服を多めに着用するなど心がけてくださいね。

 

牡蠣は冷え性や貧血改善として毎日でも食べたい栄養価の高いものですが、実際にはちょっと無理ですよね。

 

牡蠣の栄養素をしっかり継続して摂取したいと思っている場合は、牡蠣サプリがオススメです。

 

毎日牡蠣を食べる代わりにサプリが効率的な栄養補給になりますよ。